February 5, 2013
このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenNI2をMac OS Xにインストール

Mac OS X用のOpenNI2が公開されていたので、インストール方法を紹介します。デバイスはXtion PRO LIVEのみ動作確認しています。

1. インストール

1.1 libusbのインストール

Homebrewを使っている方は、

$ brew install libusb

Macportsを使っている方は、

$ sudo port install libusb

として、libusbをインストールしてください。

1.2 OpenNI2のインストール

OpenNI2のSDKダウンロードページに行き、OpenNI 2.1 Beta (OS X)をダウンロードします。

OpenNIではインストール先は/usr以下でしたが、今回は好きなところに置いて、そこへのパスを環境変数として設定するという方法になっています。ここでは、/Users/[ユーザ名]/OpenNI2にインストールすることにします。

先ほどダウンロードしたファイルを展開し、/Users/[ユーザ名]/OpenNI2というディレクトリ名で配置してください。

$ cd /Users/[ユーザ名]/OpenNI2
$ sudo ./install.sh

と実行します。すると、OpenNIDevEnvironmentという環境変数の記されたファイルが生成されます。

OpenNIDevEnvironmentの中身は、

export OPENNI2_INCLUDE=/Users/[ユーザ名]/OpenNI2/Include
export OPENNI2_REDIST=/Users/[ユーザ名]/OpenNI2/Redist

のようになっているはずです。

これらの環境変数をターミナル起動時に読み込むように設定しておきましょう。~/.bash_profileを編集して、

source /Users/[ユーザ名]/OpenNI2/OpenNIDevEnvironment

を追記しておきます。

ターミナルを再起動するか、$ source ~/.bash_profileとして環境変数を読み込みましょう。

2. サンプル

2.1 サンプルの実行

サンプルの実行ファイルは最初から含まれています。Xtion PRO LIVEをPCに接続して、

$ cd /Users/[ユーザ名]/OpenNI2/Samples/Bin
$ ./SimpleViewer

とするとサンプルが実行されます。

2.2 サンプルのビルド

$ cd /Users/[ユーザ名]/OpenNI2/Samples/SimpleViewer
$ make

のようにすることで、サンプルを自分でビルドすることもできます。

3. Xcodeプロジェクトの作成

環境変数OPENNI2_INCLUDE, OPENNI2_REDISTを利用してプロジェクトを作成します。

詳しくはまた追記する予定。

Tags: Kinect OpenNI 2 OpenNI