January 23, 2012
このエントリーをはてなブックマークに追加

Night/Light-bell II 〜夜光鈴を作ってみた〜

漫画ARIA(AQUA)に登場する、光る風鈴「夜光鈴」をリアルで作った「Night/Light-bell II」です。 風が吹くとぼうっと光る、綺麗で涼しげな風鈴となっています。

なぜ“II”なのかというと、昔Arduinoを使って初代を制作していたからです。 初代はArduino本体が大きかったため、風鈴の中に全て収めることができず、また制作費も5000円くらいかかっていました。 Night/Light-bell IIでは、マイコンを使わないシンプルなアナログ電子回路にし、ボタン電池まで全てプラスチックカプセルの中に収めるように改良しました。

ちなみにNight/Light-bell IIの実装詳細については、冬コミC81で販売された「あの人の論文集 Vol.2 No.2」に、技術の無駄遣い論文として掲載されています。 他にも面白い論文がたくさん載っているので、もし機会があれば買ってみてください。

ところで、ARIAはボクが一番好きな漫画ですね。 研究とも仕事とも関係なく、趣味でこういったものを作るのはとても楽しいです。 好きな漫画・アニメ・映画・小説などに登場するものを現実化することは、多くの研究者やクリエイターのモチベーションになりうるなあ、って思ったりしますね。