April 21, 2011
このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenNI: MacでKinectを使う

OpenNI2が公開されました。 OpenNI2のインストール方法はこちら→OpenNI2をMac OS Xにインストール

Homebrew使いの方はこちらの記事もどうぞ。

OpenNIをHomebrewでインストール

Kinect wikiを開設したので、最新のインストールガイドはそちらを参照してください。

[Kinect-wiki] OpenNI - インストール


以前、WindowsでOpenNIをインストールする方法について書きましたが、今回は私が普段使っているMac OSで動かす方法を説明したいと思います。

OpenNI with Windowsはこちら→OpenNI: WindowsでKinectを使う

Kinect for Windows SDKはこちら→Kinect for Windows SDK beta: WindowsでKinectを使う

1. libtool, libusbをインストール

MacPortsを使って、libtool, libusb-devel +universalをインストールしておく必要があります。

1) MacPortsを入れていない人は、http://www.macports.org/から最新のMacPortsをインストールしてください。

2) ターミナルを開き、

$ port installed

と打つとインストール済リストが表示されるので、libtoolとlibusb-devel +universalがあるかどうか確認してください。

3) libtoolがなかった場合、

$ sudo port install libtool

libusb-devel +universalがなかった場合、

$ sudo port install libusb-devel +universal

としてインストールしてください。

けっこう時間がかかるかと思います。

※libusb-develで+universalがついていないものが既にインストールされていた場合、$ sudo port uninstall libusb-develとしてアンインストールした後に、上記の方法で+universal版をインストールしてください。

※libusb-develをインストールする際にgit failが出る場合、$ sudo port selfupdateを行ってから試してみてください。

2. OpenNIをインストール

OpenNIの公式ページに行き、DownloadページからOpenNIをダウンロードします。 Select downloads optionに、

  • OpenNI Binaries
  • Unstable
  • OpenNI Unstable Build for MacOSX 10.7 Universal x86/x64 (32/64-bit) v1.5.4.40

と入力して、ダウンロードしてください。

[HOME]/Kinectというディレクトリでも作ってそこに入れると良いと思います(どこでもいいです)。

ダウンロードしたtar.gz2ファイルを解凍してください。

ターミナルから解凍した場所([HOME]/Kinect/OpenNI-Bin-MacOSX-v1.1.0.41)に行き、

$ sudo ./install.sh

として、インストールしてください。

3. Kinectのドライバをインストール

https://github.com/avin2/SensorKinect/tree/masterからダウンロードし、先ほどの[HOME]/Kinect以下に置いて解凍してください。 解凍すると、SensorKinect-masterというようなフォルダができるはずです。

SensorKinect-master/Bin/SensorKinect-Bin-MacOSX-v5.0.1.32.tar.bz2を解凍し、先ほどと同様にターミナルから$ sudo ./install.shを実行します。

4. NITEをインストール

OpenNIの公式ページに行き,OpenNIの公式ページに行き、DownloadページからNITEをダウンロードします。 Select downloads optionに、

  • OpenNI Compliant Middleware Binaries
  • Unstable
  • PrimeSense NITE Unstable Build for MacOSX 10.7 Universal x86/x64 (32/64-bit) v1.5.2.21

と入力して、[HOME]/Kinect以下にダウンロードして解凍してください。

再びターミナルで、[HOME]/Kinect/Nite-1.3.1.5に行き、$ sudo ./install.shとしてインストールしてください。

5. サンプルの実行

サンプルは、

[HOME]/Kinect/OpenNI-Bin-MaxOSX-v1.1.0.41/Samples
[HOME]/Kinect/Nite-1.3.1.5/Samples

以下に入っています。

Samples/Bin以下に実行ファイルが置いてあります。 KinectをPCに接続し、ターミナルから、

$ ./NiViewer

のようにして実行することができます。

Tags: Kinect Mac Xtion NiTE OpenNI